Fandom

ドラえもん Wikia

ドラやきで買収

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、43頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第4巻第9話『友情カプセル』(91頁)


[解説] ドラえもんはスネ夫からドラやきをごちそうになり、ぼくのうちのロボットになってほしいと頼まれた。ドラえもんはのび太に「ドラやきなんかにつられて、のび太くんをうらぎるようなぼくじゃない」と大見得を切っている。しかし、次の日に、スネ夫からのび太のママに、ドラえもんはドラ焼を20個も食べたという電話がかかってきた。ドラえもんがスネ夫に抗議に行くと、スネ夫から「ぼくのロボットにならないのなら、ドラやき返せ」と逆に言われてしまった。お金もないので、ドラえもんはひみつ道具である『友情カプセル』と『コントローラー』を貸す羽目になった。スネ夫の親友となったドラえもんはスネ夫から「そのうるさいやつをなぐれ」と命令され、「スネ夫くんがそういうなら」と言いながら、のび太の頭を殴ってタンコブを作っている。のび太は顔を真っ赤にし、その上、涙を流し、「キショオ」と叫んでいる。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia