Fandom

ドラえもん Wikia

ドラえもん Wikia:項目の書き方の基準

12,184このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0

項目の書き方の基準

短編エピソード編集

  • ドラえもん短編第00巻第00話『アイウエオ』(0頁、00コマ)
  • 小学〇年生0000年0月号『アイウエオ』(0頁、00コマ)
  • DVDドラえもんVOL.0『アイウエオ』(チャプター0、0000年00月00日放送)
[道具]
[要約]

いつもの様にのび太がジャイアンとスネ夫にいじめられ、ドラえもんに泣きついた。のび太がドラえもんからアイウエオ*を借りるとたちまちのび太はジャイアンとスネ夫を圧倒した。しかし、そのために、のび太が横暴になったことをみかねてドラえもんがアイウエオを無効化したため、結局のび太はジャイアンとスネ夫に打ちのめされる。

長編作品編集

  • ドラえもん・大長編第0巻『のび太と猫夜叉の戦国時代』(頁、コマ)
  • コロコロコミック0000年00月号『のび太と猫夜叉の戦国時代』(頁、コマ)
  • 映画『のび太と猫夜叉の戦国時代』(0000)
[要約]

ドラえもんとのび太がタイムマシン*で戦国時代に行くと木に縛りつけられた半妖猫夜叉と現代からタイムスリップした少女日暮里かこめがいた。これらは助け合って、邪悪な魑魅魍魎と対決する。ドラえもんと猫夜叉のコラボ作品。

道具編集

項目名は「アイウエオ*」、又は「アイウエオ(道具)」とする(道具名がエピソード名と同じ場合)。

項目の書き方の基準
ひみつ道具大事典: (収録、P.000)
単行本: てんとう虫コミックス・短編第0巻第0話『アイウエオ』(P.00)
デビュー掲載雑誌: 小学〇年生0000年0月号『アイウエオ』
説明: 体に付けるサポーター状の道具。これを付けるとどんな弱い人でも強くなる。
使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的: ジャイアンとスネ夫にいじめられたのび太の要望で貸し出す。
使用結果: 強くなり過ぎたためドラえもんに無効化される。


その他編集

<エピソード・道具以外の項目では最初に定義文を、続けて作品中での扱いを最低限記述する。>

「カキクケコ」は現実に存在する身近な物品。のび太達が大切にする場合が多い。


  • てんとう虫コミックス・短編第0巻第0話『サシスセソ』(00頁)

[説明]

のび太はジャイアンとスネ夫に大事なカキクケコを取られてしまい、ドラえもんにサポートを要請する。ドラえもんはのび太に「サシスセソ*」を貸し、のび太はカキクケコの奪還に成功する。


  • てんとう虫コミックス・短編第0巻第0話『タチツテト』(00頁)

[説明]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki