Fandom

ドラえもん Wikia

ドッキリビデオ(道具)

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ドッキリビデオ(道具)
ひみつ道具大事典: (収録、P.275)
単行本: てんとう虫コミックス・短編第37巻第9話『ドッキリビデオ』(P.80)
デビュー掲載雑誌: 小学六年生1984年6月号『ドッキリビデオ』
説明: かって放映された『ドッキリカメラ』という番組はテレビにおけるいたずら番組の最右翼に位置するものであった。こんないたずらをしたら、さぞ面白いのではないかといった発想を、テレビタレントを使ってストレートに番組化したものである。『ドッキリビデ』は同じ発想で作られたひみつ道具である。「ドッキリビデオ」とは、「カメラをむけて撮るだけで、相手がドッキリするような怪事件がおきる」というものである。

「ドッキリビデオ」は「元祖ドッキリカメラ」のパロディ版である。

元祖ドッキリカメラ:日本テレビ系列で放送されていた人気バラエティ番組。1970年10月より『ドッキリカメラ』の題名でレギュラー番組としてスタート。番組の内容は、仕掛け人がターゲットを騙し、ターゲットが驚いたところへ赤ヘルメットを被った野呂圭介が「どっきりカメラNTV」と書かれたプラカードを持って登場するというもので、このスタイルは首尾一貫していた(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia