Fandom

ドラえもん Wikia

ツチノコ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]



[解説] みんなとめずらしい体験を話し合ったとき、円盤、幽霊、スプーン曲げといった話が次から次へと出たので、のび太もつい調子に乗って、「ツチノコ」を見たと主張してしまった。

ツチノコ:日本に古くから棲息しているといわれる幻のヘビである。頭とシッポは小さく、胴体はビール瓶のようにズングリしている。ツチノコはヘビ亜科、有りん目ヘビ科に属している。

ツチノコの特徴:普通の蛇と比べて、胴の中央部が膨れている。1mほどのジャンプ力を持ち、酒が好きで、「チー」と鳴く。非常に素早い動きをし、移動の仕方は、蛇のように身をくねらせる、尺取り虫のように進む、自分の尻尾をくわえて丸くなり、転がって移動する(ウィキペディアによる)

ジャイアンがツチノコの発見者として、未来の百科事典に掲載されていることをドラえもんのび太は知る。そこで、ツチノコをペットとして飼うことがブームになっている21世紀から、ツチノコを持ち帰り、自分達がその発見者になろうとした。しかし、ツチノコが脱走し、それをたまたま捕まえたジャイアンが、結局ツチノコ発見者ということになった。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia