Fandom

ドラえもん Wikia

タンポポ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]去年カブトムシを飼っていたガラスばちの中に、どこからか飛んできた「タンポポ」の種が芽を出していた。のび太がそのタンポポを捨てようとしたので、ドラえもんが花の命の大切さをこんこんと説明した。さらに、ドラえもんは「草一本、虫一匹にでも、愛する心を失ってはならない。そうすれば自然と心がかよいあってゆたかな人間性が・・・・」という、とても格調の高い話をし出した。のび太にはチンプンカンプンであったけれども。

タンポポ:キク科タンポポ属多年草の総称。全世界に広く分布。根は太くゴボウ状、葉は土際にロゼット状に叢生。針形で、縁は羽裂。春、葉の間に花茎を出し、舌状花だけから成る黄色の頭花をつける。痩果は褐色で、白色の冠毛を有し、風によって四散する(広辞苑による)


  • てんとう虫コミックス・カラー作品集第1巻第20話『バタバタフライ』(152頁)


[説明]のび太は「タンポポ」の咲く庭を、楽しそうに飛んでいるチョウを見て、自分もチョウのように飛びたくなった。



[説明]のび太がひみつい道具の『春風うちわ』で、「パッタ パッタ」と扇ぐと、野原に「タンポポ」も咲き出した。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia