Fandom

ドラえもん Wikia

タヌキ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]



[説明]


  • てんとう虫コミックス・短編第7巻第16話『タヌ機』(146頁)


[説明]


  • てんとう虫コミックス・短編第16巻第11話『ドロン葉』(94頁)


[説明]



[説明]のび太によって強引に『どこでもドア』から、ペルシャネコの部屋へ押し込まれたドラえもんは、最初舌ももつれて十分な会話を交わすことができなかった。「タヌキ」ではなく、ネコと認めてもらえたので、ドラえもんは幸せの極致であった。会話も弾み、楽しいひと時を過ごしていると、ペルシャネコの方から、一度自由に外を歩き回りたいという希望が出されたので、『どこでもドア』で外出することになった。しばらくすると、屋根の上で、黒いノラネコと出会い、お互いに以前から意識している仲間だと判明した。ペルシャネコが家を出ると言い出したので、ノラネコは厳しい暮らしをこんこんと説明したけれども、どんなにつらくても我慢すると言い出した。一時は、地球破壊爆弾まで出して、恋のライバルをやっつけようとしたが、愛の真実にほだされて、ドラえもんはひとはだ脱ぐことになった。そして、ドラえもんは、「野良犬のイチ」が作った国に行ってもらうように取り計らった。

タヌキ:イヌ科の哺乳類。頭胴長50~60cm、尾長16cm。山地と草原に穴を作って巣とし、家族で生活する。毛色は普通は茶褐色で、四肢は黒。毛皮は防寒用として、毛は毛筆に使う。雑食性(広辞苑による)



[説明]ヤマゴンを探しているカメラマンから、ドラえもんは「サルよりどちらかといえばタヌキ」に似ていると言われ、猛烈に腹を立てている。



[説明]

Fandomでも見てみる

おまかせWikia