Fandom

ドラえもん Wikia

スペースウォーズ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第30巻第4話『フエール銀行』(35頁)


[解説]のび太は玩具店のウインドウで、現在大評判のSF映画のプラモ「SPACE WARS」の箱を発見した。

ジョージ・ルーカス監督の大ヒットしたSF映画である。この映画は『ロード・オブ・リング』(日本では『指輪物語』として翻訳が出ている。最近映画化されて大ヒットを記録している)を種本にした作品と言われている。『天井うらの宇宙戦争』という作品では、ダースベーダーのパロディとしてアカンベーダーが登場している。

「SPACE WARS」は「スター・ウォーズ」のパロディ版である。

スター・ウォーズ:遠い昔、遥か彼方の銀河系において、銀河共和国という巨大な共同国家体が存在した。時がたつにつれ政治の腐敗が生じ、統治秩序は崩壊、共和国も存亡の危機を迎えた。こうした状況の中、古きより銀河共和国を陰で支えてきた騎士団が、共和国の秩序を回復させるために奮闘する。だが、彼らの前に、数千年前に滅びたといわれた恐怖の信奉者シスが現れる。彼らの理想は恐怖で人々を支配する国家の樹立とジェダイの排除。そんな中、ある辺境の惑星で一人の少年がジェダイとして導かれ、銀河共和国・ジェダイ・シスの運命に関わっていくことになる。この少年と後のその子どもたち、ジェダイとシスの攻防、そして、銀河共和国から銀河帝国へ、そして、再び銀河共和国へと復活を遂げる変遷を描いた壮大な物語である(ウィキペディアによる)


  • てんとう虫コミックス・短編第30巻第4話『フエール銀行』(35頁)


[解説]玩具店にはたった一個の「スペースウォーズ」の箱が陳列されていた。 「スペースウォーズ」のロケットは今大評判のSF映画のプラモであり、輸入品のため定価も五千円という高価なものであった。



[解説]ジョージ・ルーカス監督の大ヒットしたSF映画である。この映画は『ロード・オブ・リング』(日本では『指輪物語』として翻訳が出ている。最近映画化されて大ヒットを記録している)を種本にした作品と言われている。『天井うらの宇宙戦争』という作品では、ダースベーダーのパロディとしてアカンベーダーが登場している。



[解説]「スペースウオーズ」は『ロッカーカッター』という作品で、ママに強く整理するように命じられたマンガのタイトルである。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia