Fandom

ドラえもん Wikia

スパルタ式苦手克服錠

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

スパルタ式苦手克服錠
ひみつ道具大事典: (収録、P.127)
単行本: てんとう虫コミックス・ドラえもんプラス第5巻第1話『「スパルタ式にが手こくふく錠」&「にが手タッチバトン」』(P.9)
デビュー掲載雑誌: 小学五年生1984年1月号『「スパルタ式にが手こくふく錠」&「にが手タッチバトン」』
説明: 『スパルタ式苦手克服錠』を飲むと、苦手なものがいっそう怖くなる。つまり、死ぬ思いをしながら、苦手なものを強引に克服していくというひみつ道具である。

スパルタ:ペロポネソス半島の南、ラコニア地方エウロタス河畔に位置する。ギリシャ神話では、トロイ戦争の原因となったヘレネの夫メネラオスがスパルタ王になっている。スパルタ市民はリュクルゴス制度に基づいた社会生活を営んだ。土地の均等配分、長老会設置、民会設置、教育制度、常備軍の創設、装飾品の禁止、共同食事制がその基本である。新生児は部族長の面接を受け、虚弱者は山奥の洞穴に遺棄された。男子は7歳で家庭を離れ共同生活を送り、12歳から本格的な肉体訓練とスパルタ人としての教育を受けた。軍事訓練のひとつとして、ヘイロタイから物を盗み殺害することも奨励された。こうして、彼らは質実剛健、忍耐と服従を身につけ、18歳で民会の全会一致により成人の仲間入りを果たした。こうした人材育成はスパルタ教育といわれる(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia