Fandom

ドラえもん Wikia

スネ夫のパパのおばあちゃん

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第22巻第4話『しつけキャンディー』(35頁)
  • 小学六年生1979年5月号『しつけキャンデー』


[説明]「スネ夫のパパのおばあちゃん」は九十三歳であり、迷信深いおばあちゃんである。おばあちゃんはうそをついたら、人間は「地獄へ落ちて、エンマさまに舌をぬかれるのじゃ」と本気に信じて、スネ夫たちに話している。

エンマさん」とは、生前の善悪を審判・懲罰するという地獄の主神、冥界の総司のことである。

地獄:悪行をなしたものの霊魂が、死後に送られ罰を受けるとさせる世界。英語ではヘル。魔界と同一視されることもある。仏教の地獄は六道の最下層。閻魔の審判に基づいて様々な責め苦を受けるとされる世界(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia