Fandom

ドラえもん Wikia

ジングルベル

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]お日さまがカンカン照っている真っ昼間、酔っぱらいが『ジングルベール』と歌いながら、のび太の方へ歩いてきた。酔っぱらいは「こんな昼中におきているのはよっぱらいかどろぼう・・・」と言いながら、のび太を追い掛けた。

ジングルベル:クリスマスの時期に世界中で歌われる歌。1857年に牧師のジェームズ・ピアポイントが作詞した歌で、ボストンにある自分の教会のサンクスギビングのお祝いで歌うために作った。大変好評であったため、クリスマスでも歌われ、その後アメリカ中に広まっていき、タイトルも最初の『一頭立ての橇』から『ジングルベル』に変わった。歌詞の中には宗教的な語句やクリスマスに対する言及がなく、若者たちが冬に橇で競争する様子を歌った歌である(ウィキペディアによる)



[説明]のび太のママがひみつ道具である『養老おつまみ』を食べて水を飲むと、「おつまみ」が水をすぐお酒にかえるので、とてもうまそうに「ガブガブガブ」と飲み出した。しばらくすると、「ゲハ ハハハ ハハハ」と大笑いし出し、完全に酔っぱらってしまい、ついには、屋根の上で「ジングルベルジングルベル 月が出た おいらはうかれてポンポコポンのポン」と大声で歌い出した。ママの酒癖はとても悪かった。

炭坑節:福岡県に伝わる民謡で、現在の田川市が発祥地といわれる。炭鉱労働者が歌った民謡で、盆踊りの最もスタンダードな楽曲として全国に広く浸透している(ウィキペディアによる)

「しょうじょうじのたぬきばやし」は野口雨情作詞、中山晋平作曲により、1925年に発表された童謡である。


  • てんとう虫コミックス・短編第5巻第2話『重力ペンキ』(26頁)


[説明]

  • てんとう虫コミックス・カラー作品集第2巻第16話『中身ポン』(125頁)


[説明]スネ夫邸で開かれたクリスマス・パーティで、みんなが楽しく歌った歌は『ジングルベル』である。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia