Fandom

ドラえもん Wikia

ジョーズがボーズにビョーブの絵を描いた

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラことば 心に響くドラえもん名言集』(未収録)
  • てんとう虫コミックス・短編第41巻第18話『深夜の町は海の底』(191頁)


[解説]


「ジョーズがボーズにビョーブの絵を描いた」は有名な早口言葉「坊主が上手に屏風の絵を描いた」および「ジョーズ」の異種合体パロディ版である。

ジョーズ:スピルバーグ監督による1975年のアメリカのスリー・ホラー映画。『Jaws』とは英語で「顎(あご)」という意味である。平和なビーチを襲う人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ちむかう人々を描いた作品(ウィキペディアによる)

ホホジロザメ:映画「ジョーズ」のモデルになったと言われるサメ。成長すると5m以上になり、日本で採集された最大の個体は全長5.8m、南オーストラリアでは全長約7mのものが採集されたと言われている。ホホジロザメの体は強力な筋肉におおわれ、長距離をゆっくり泳ぎ続けることができる。獲物に襲いかかる時には猛烈なスピードで突進する。顎には強力な筋肉を備え、しかも幅広い三角形の鋭い歯を備えている。オットセイやゾウアザラシなどの肉をたやすく食いちぎることができる(インターネットによる) 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia