Fandom

ドラえもん Wikia

ジャックと豆の木

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・カラー作品集第1巻第3話『ジャック豆』(20頁)


[解説] のび太は『ジャックと豆の木』を読んで、とても感動した。この作品はオーストラリアのシドニー生まれの作家ジャイコブスによって1898年に書かれ、イギリスの童話の中に収められている。

ジャックと豆の木:ある日、ジャックは母親に言われて牝牛を市場へ売りに行く途中、ある男の豆と牛を交換してしまった。家に帰ると怒った母親により、豆が庭に捨てられたが、次の朝に、その豆は巨木へと成長していた。ジャックは豆の木を登り、雲の上にある巨人の城にたどり着いた。巨人の妻によれば、夫は人喰いなので、ジャックに早く逃げるように告げた。巨人が帰ってくると、人間のにおいがすると騒いだが、隠れていて難を逃れた。巨人が寝た後、ジャックは金の卵を産む、鶏を奪って家に戻った。その後、豆の木に登り金と銀の入った袋を奪い、さらに、ハープを持って帰ろうとしたら、そのハープが喋り出し、巨人が起きてしまった。急いで地上に戻ったジャックは、豆の木を斧で切ったので、追ってきた巨人は落ちて死んでしまった。裕福になったジャックと母は幸せに暮しました(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia