Fandom

ドラえもん Wikia

シュバイツァー

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]のび太のパパの今年のクリスマスプレゼントはとてもためになる、偉人の伝記九冊であり、『シュバイツアー』はそのうちの一冊であった。

シュバイツアー:フランスの哲学者・神学者。1912年医者・伝道師としてアフリカへ渡り、黒人に医療伝道に従事。「原始林の聖者」と呼ばれた(広辞苑による)


  • てんとう虫コミックス・短編第32巻第16話『腹話ロボット』(151頁)


[説明]去年、パパが買ってくれた「シュバイツァー」の伝記の読後感想を聞かれた。そこで、のび太は「ハラハラドキドキ、しまいまでひといきに読んじゃった」と答えたので、読んでないことがばれてしまった。なお、のび太にとってためになる本は、「手にとっただけで頭がズキンとして…。開くと熱が出て目がまわって吐き気がして。二、三ページで意識不明」になるというものである。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia