Fandom

ドラえもん Wikia

サメ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]



[説明]のび太としずちゃんの乗った熱気球がどんどん低下して、海面近くまで落ちると、五頭のサメが大きな口を開けて、獲物を狙っていた。

サメ:軟骨魚綱板鰓類で、エイ目のものの総称。体は円錐形で、骨格は軟骨。口は頭部の下面に横に開き、尾びれは刀状。皮膚は硬質の歯状鱗に被われ、左右の体側に5~7個ずつの鰓孔があり、歯は鋭い。多くは胎生。凶暴で、貪食、運動迅速なものが少なくない。湿帯・熱帯の海の産。肉・ひれは食用に供し、また蒲鉾の材料とする。皮は乾かして物を磨くのに用い(ヤスリ)、また刀剣の装飾用とする(広辞苑による)



[説明]


  • ぴっかぴかコミックス・ドラえもん第1巻第8話『水族館ガス』(54頁)


[説明]ガラス窓にひみつ道具である『水族館ガス』を吹きかけると、巨大な「サメ」がガラスに写って、みんなを驚かせた。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia