Fandom

ドラえもん Wikia

ゴキブリ帽

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ゴキブリ帽
ひみつ道具大事典: (未収録)
単行本: てんとう虫コミックス短編第30巻第16話『ハツメイカーで大発明』(P.175)
デビュー掲載雑誌: 小学三年生1981年10月号『「ハツメイカー」で大発明』
説明: 『ゴキブリ帽』は、のび太の「いじめっ子におわれたら、パッとにげられる道具がほしい」と言った、リクエストに登場したひみつ道具である。「ゴキブリ帽」は「てきがどこから近づいても発見できる」魚眼レンズ、「まわりのようすを正確に調べる」レーダーアンテナ、「筋肉に電流を流しすばやく行動させる」電極、「どっちへにげたらいいか計算する」コンピューターで構成されている。このひみつ道具に必要な材料はすべて材料箱にそろっている。

ゴキブリ:ゴキブリ目ゴキブリ科の昆虫の総称。体は甚だしく扁平で幅が広く楕円形。多くは褐色や黒褐色で、油に浸ったような光沢がある。家住性のものは人間や荷物などの移動に伴って、広く伝搬し、台所などで食品を害するほか、伝染病を媒介する(広辞苑による)

魚眼レンズ:カメラなどに使用する光学レンズの一種で、180度近くの画角を有するものをさす。魚眼という名称の由来は、魚の視点から水面上を見た場合、水の屈折率の関係で、円形に水上の景色が見えることからきている(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia