Fandom

ドラえもん Wikia

クマも避難する『どこでもドア』

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(未収録)
  • 藤子不二雄ランド・ドラえもん作品第2巻第17話『ハイキングに出かけよう』(186頁)


[解説]山では激しく雨が降り出したので、ハイカーたちは雨宿りするため、山小屋のドアだと思って『どこでもドア』から、野比家にどやどやと入ってきた。一番最後には、雨にぬれた「クマ」も破れたドアから入ろうとしていた。

クマ:ネコ目クマ科の哺乳類の総称。体は太く、四肢は短い。わが国本土産はヒマラヤグマの亜種で、毛は一般に黒、のどに三日月形の白斑をもつのでツキノワグマと呼ばれる。頭胴長1.4m、尾は極めて短い。広葉林を好み、よく木に登る。雑食性だが、植物質をよく食べる(広辞苑による)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia