Fandom

ドラえもん Wikia

ガッコー仮面

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]のび太の両親は真剣にのび太の家庭教師の問題を考えていた。そこへ、「ガッコー仮面」が登場し、家庭教師を無料で引き受けようと申し出た。ガッコー仮面は勉強にひみつ道具の『愛のムチ』を振るい、ジャイアン、スネ夫、しずちゃんにも厳しく対応したので、のび太は逃げ出そうとしたが、つかまってしまった。その正体は中学生になったのび太であった。小学校時代にキチンと勉強すれば、中学生になってテストで零点を取ることもないという理由であった。

「ガッコー仮面」は「月光仮面」のパロディ版である。

月光仮面:川内康範原作の冒険活劇及びヒーローの名。1958年テレビドラマの原作として製作され人気を博し、のち映画化される。悪人によって危機に陥った人々の前に颯爽と現れる正義の使者。白いターバンと覆面、サングラスに白いコスチュームとマントの姿でオートバイに乗って颯爽と登場し、悪を蹴散らし人々を救い出す。だが、「憎むな、殺すな、赦しましょう」という理念を持ち、悪人といえども懲らしめるだけで過剰に傷つけることはしない。武器として自動拳銃を持っているが、専ら威嚇と牽制に使用され、発砲しても悪人の武器を撃ち落とすためにしか使用しない。単に腹面を被っているだけで特殊な能力ヲ持つわけではないのだが、結構強い。月光は超能力を持っているわけではなく、自ら正義の心と身体のみによって悪を懲らしめる(ウィキペディアによる)

月光仮面:テレビドラマから人気に火がつき、アニメ、映画、コミカライズとメディアをまたいで一大ブームを巻き起こしたキャラクターの漫画化作品。川内康範の原作を多くの漫画家が作品化したうち、シャープな描線とスピード感あるアクションシーンで多くの読者から支持されたのが桑田次郎版だった。名探偵・祝十郎が、一人二役で月光仮面に扮し、最新のオートバイで疾駆し二丁拳銃を操る正義の味方としてさっそうと現れ、怪人たちをやっつける。勧善懲悪型ヒーロー像のひとつの典型ともなった(現代漫画博物館による)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia