Fandom

ドラえもん Wikia

オバQ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、224頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第32巻第9話『なんでも空港』(92頁)


[解説]近くを飛んでいるものを何でも着陸させることのできる、ひみつ道具の『なんでも空港』を使って、ジャイアンとスネ夫が「空港ごっこ」をしていたら、最初、『オバQ』、次に、『怪物くん』、『ウメ星シデンカ』、『エスパー麻美』などが次々に着陸してきた。スネ夫は「日本の空には、へんなのが飛んでるなあ」と感心していた。(224)


オバケのQ太郎:1964年6号から1966年51号まで『週刊少年サンデー』に掲載され、1965年にTBS系で放映されたテレビアニメである。ごく普通の家庭に住み着いた、一匹の間の抜けたおバケが引き起こしす騒動を面白おかしく描いた、藤子流生活ギャグ漫画の原点にして、初の大ヒット作品でもある。スタジオ・ゼロのメンバーである石ノ森章太郎が手伝った。「オバQ」と省略されて呼ばれ、三度にわたってアニメ化され、40年以上たった現在でも根強い人気がある。また藤子漫画はそれまでシリアス志向の強い作品が多かったが、これを機に「ギャグ漫画の藤子不二雄」として広く認知されるようになっていく(ウィキペディアによる)

怪物くん:怪物ランドから人間界へやってきた不思議な少年、怪物くんとそのお供のドロキュラ、オオカミ男、フランケンが、さまざまな怪物たちと出会い騒動を引き起こすというギャグ漫画である。藤子不二雄Aのキャラクターがドラえもん作品に登場するのは非常に珍しい例である。初出『少年画報』(少年画報社)1965年2月号~1969年5月号(ウィキペディアによる)  


[解説]のび太の勉強部屋には、読みかけの『オバQ』のマンガ本がふせて置かれていた。

オバケのQ太郎:大原家に居候するQ太郎は、オバケなのに化けられないうえ、ぐうたらで犬が苦手。得意なのは大食いという、まさに無芸大食のオバケ。無二の親友である正ちゃんと、よっちゃん、ゴジラ、ハカセ、キザオといった仲間たち、さらにドロンパ、U子たちオバケの面々など、個性豊かな登場人物たちの子どもらしい夢や希望に満ちた日々がギャグ満載で描かれる。アニメ化もされ日本中に「オバQブーム」を巻き起こした。初出『週刊少年サンデー』1964年6号から1966年51号(現代漫画博物館による)



[解説]本屋の店頭の平台には、六冊の『少年チャンポン』と七冊の『少女の素』が平積みされている。店頭でドラえもんが立ち読みしている『少年サンデー』の表紙は「オバQ」である。

「少年チャンポン」は「週刊少年チャンピオン」のパロディ版である。

週刊少年チャンピオン:月刊少年誌『冒険王』、『まんが王』を手掛けていた秋田書店が週刊少年誌の時代に対応すべく、1967年7月に『少年チャンピオン』の誌名で隔週誌として創刊。1970年6月24日発売号から週刊化に伴い、『週刊少年チャンピオン』に誌名が改められた。劇画路線で青年誌化が進んでいた『週刊少年マガジン』、『週刊少年サンデー』に対して王道的な少年誌路線で躍進。『ブラック・ジャック』、『ドカベン』、『がきデカ』などの大人気作品が連載され、スポ根、シリアス、ストーリー、ギャグと全ジャンルを網羅し、『週刊少年ジャンプ』と競い合う形で、1978年には200万部を突破してトップに躍り出た。しかし、 1980年代に入ると、人気連載作品からの引き継ぎがうまくいかず、部数競争からは脱落していった。他の週刊誌と比較して、表現の制限が緩いためか、自由な作風でかつあくの強いマンガが多く掲載されているのが、この雑誌の特色となっている(ウィキペディアによる)



[解説]



[解説]



[解説]



[解説]藤本は『オバQ』を執筆している時も、脳細胞をフル回転しても、空回りばかりして、「小田急の中で頭をひねったけどちっともまとまらなかった」体験を思い出した。



[解説]のび太は『空中シューズ』を履いて散歩していると、どこからか飛んできた『オバQ』に激突してしまった。そして、のび太は「どこ見て歩いてんだ!!」とオバQに怒鳴られてしまった。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia