Fandom

ドラえもん Wikia

オセロ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]



[説明]のび太はスネ夫と「オセロ」をしていて、あと一歩で勝つというところまで攻めていた。しかし、スネ夫はまわりにいた「応援団」の女の子にアドバイスや激励を受け、逆転して勝ってしまった。悔しいのび太はドラえもんに、「ふだん女の子に、安物のブローチやネックレスをあげてごきげんを取っている」と愚痴っていた。

オセロ・ゲーム:和製語。二人が表裏白黒の円盤状のコマを交互に盤上に起き、自分のコマで挟んだ相手のコマを裏返して、自分の色のコマにし、最終的には、自分のコマの多さを争うゲーム。オセロは商標名(広辞苑による)

オセロ:単純なルールながらゲーム性は奥深いとされ、「覚えるのに一分、究めるのに一生」をキャッチフレーズとしている(ウィキペディアによる)



[説明]ひみつ道具である『人間そっくりたまご』から生まれたのび太の妹はのび太より、「オセロ」でもはるかに強かった。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia