Fandom

ドラえもん Wikia

エネルギー節約熱気球

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

エネルギー節約熱気球
ひみつ道具大事典: (収録、P.79)
単行本: てんとう虫コミックス・ドラえもんプラス第4巻第15話『エネルギーせつやく熱気球』(P.130)
デビュー掲載雑誌: 小学二年生1984年2月号『エネルギーせつやく熱気球』
説明: 『エネルギー節約熱気球』はのび太のパパのライターだけで、熱気球を自由に上昇させたり、下降させたりして、どこにでも自由に飛んでいけるひみつ道具である。

熱気球:飛行するための道具である気球の一種である。温めた空気により浮力を得て飛行する。軽い水素やヘリウムなどの気体を集めて浮力を得るものは、ガス気球と呼ばれる。熱気球は球皮(エンベロープ)と呼ばれる袋の中の空気を、下部に取り付けたバーナー等で熱し、外気との比重の違いにより発生する浮力により上昇する。乗組員は通常球皮の下に取り付けられたゴンドラに乗る(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia