Fandom

ドラえもん Wikia

ウルトラボーイ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]スネ夫がテレビの人気番組『ウルトラ・ボーイ』に出演することになった。おおボラを吹きまくった後、「でも、うらやましくてしゃくにさわって見てられないという人にはすすめないけど」と言いたい放題のことをいって、帰っていった。七時から放映されたテレビを二十四インチの大画面で見ると、画面の左のはじっこをエキストラとして、小さく走っている姿が認められ、しずちゃんやジャイアンから大笑いされた。


「ウルトラ・ボーイ」は「ウルトラマン」のパロディ版である。

ウルトラマン:円谷プロダクションが制作し、1966年7月17日から1967年4月9日の間にTBS系で全39話が放映された特撮テレビ番組、およびその劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。日本の巨大変身ヒーローの代名詞として、高い知名度のある作品である。おそらく、現在の日本において『ウルトラマン』という名前を、知らない人はほとんどいないといっても過言ではないだろう。世代を超えて根強い人気を保ち、日本の特撮番組の基本フォーマットのひとつとなっている。本作やそのキャラクターに関連する商品はあらゆる分野で発売されている。本放送当時、平均視聴率は30%を超え、最高視聴率は42.8%を記録した超人気番組であった。放送終了後もその人気は衰えることはなく、最初に行われた再放送では、平均視聴率18%台を記録した。M78星雲の「光の国」の宇宙警備隊員であるウルトラマンは、宇宙の墓場へ護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラーを追って地球へやってきたが、科学特捜隊のハヤタの操縦する小型ビートルに誤って衝突し、ハヤタを死亡させてしまう。責任を感じたウルトラマンは、ハヤタに命を預けて融合し地球に留まることにした。科学特捜隊が危機に直面した時、ハヤタはベーターカプセルを利用してウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う(ウィキペディアによる)



[解説]すね夫のテレビ出演を見お終わった後、のび太がひみつ道具である『主役はめこみ機』を使って、「ウルトラ・ボーイ」に入れ代って、のび太がウルトラ・ボーイの主役を演じた。テレビにのび太の顔のウルトラ・ボーイが現れると、みんなはびっくりして、その理由を尋ねた。すると、のび太は「テレビ局の社長がぜひでてくれとうるさくて」と、スネ夫のお株を奪って、得意満面な顔をして説明している。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia