Fandom

ドラえもん Wikia

ウラニウム

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]のび太はひみつ道具である『ガリバートンネル』を使って小さくなり、エネルギーのむだを省くための「ミニハウス」で生活している。地球のエネルギ-である石油や「ウラニウム」が枯渇しないためにも、こうした発想が重要になってくる。ドラえもんは「この家なんかかん電池一本でクーラーもテレビもつけられるし、スプーンいっぱいの灯油で、家中あたためられるんだ」と説明している。

ウラン:ウラン235は中性子を衝突させると核分裂を起こし、莫大なエネルギーと同時に平均2.5個の中性子を出すので、臨界量以上集めれば連鎖反応すなわち核爆発を起こす。また、天然ウランやウラン235の濃度を高めた濃縮ウランを原子炉中に置き、減速材を用いることによって、ウラン235の核分裂を持続的に行わせ、発電その他のエネルギー源とする(広辞苑による)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia