Fandom

ドラえもん Wikia

インスタント旅行カメラ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

インスタント旅行カメラ
大事典: 『ドラえもんひみつ道具大事典』(小学館、2004年)
単行本: ドラえもん短編第7巻第6話『行かない旅行の記念写真』(7頁、43コマ)
掲載雑誌: 小学三年生1972年9月号『インスタント旅行カメラ』(7頁、43コマ)
説明: (今で言う)プリンター内蔵デジタルスチルカメラの一種。レンズが直角に2つ付いて、一方に人物、他方に、雑誌等の風景写真を配すると、あたかも、その場所で撮った様な合成写真を撮れる。イージー特撮カメラは、これの進化形。尚、本作が掲載された頃にタイトル合成機能付きの8mmムービーカメラ(フイルム式)がエルモ社から実際に発売された。
使用目的: スネ夫の海外旅行の話に触発され、「世界一周した」と大言壮語したのび太の要望で貸し出す。
使用結果: 写真を披露するが、月面の写真があったため、合成とばれてしまう。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia