Fandom

ドラえもん Wikia

アーサー王

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説] ジャイ子は、「エジプトの物語はいきづまったから、中世ヨーロッパの話をかくことにしたの」とジャイアンに告げ、『アーサー王と円卓の騎士』のような・・・、と言いかけたら、ジャイアンは「遠足の騎士か、わかった!!」と再度、ドラえもんに資料探しをお願いした。

アーサー王物語:六世紀のウェールズの武将、のちのブルタニ王アーサー(実在か否か不詳)と円卓の騎士たちを主人公にした武勇と恋愛の物語。十二世紀以降、フランス・イギリス・ドイツ三国を中心にヨーロッパ全土に伝播。中世期後期にはトリスタン伝説や聖杯伝説も混入して韻文・散文の物語が成立。イギリスでは十九世紀の文学・絵画に復活。現代では映画やミュージカルのも登場。円卓物語(広辞苑による)

円卓の騎士:アーサー王伝説でアーサー王に仕えた騎士を指す。12人で円卓を囲み、王への忠誠を誓ったことからその名がついた。狭義には、この円卓に座ることが許された騎士のみと呼ぶが、広義には、アーサー王配下の他の騎士たちも円卓の騎士と呼ぶ(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia