Fandom

ドラえもん Wikia

アンデルセン

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]



[解説]



[解説]


アンデルセン:19世紀のデンマークの世界的な童話作家。「火打ち箱」、「親指姫」、「人魚姫」など150編を越える童話で著名(広辞苑による)

アンデルセン:死ぬまでの間に多くのお伽話を発表し続けた。アンデルセンの童話作品は、グリム兄弟のように民族説話からの影響は少なく、創作童話が多い。また、初期の作品では、主人公が死ぬ結末を迎える作品も少なくなく、若き日のアンデルセンが死ぬ以外に、幸せになる術を持たない貧困層への嘆きと、それに対して無関心を装い続ける格差社会の理不尽さを、童話という媒体を通して訴え続けたことが推察できる。しかしながら、この傾向は晩年になってようやくゆるめられていき、死以外にも幸せになる術が、あることを作中に書き出していくようになる(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia