Fandom

ドラえもん Wikia

アジャラカモクレン

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、101頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第41巻第10話『時限バカ弾』(96頁)


[解説] のび太のママのお説教は二時間ほど続きそうだったので、ドラえもんにひみつ道具である『時限バカ弾』が五分後に破裂するようにママに付けてもらった。破裂すると、ママは「ベロベロ バー」とすごい形相になり、「オッペケペッポーペッポー アジャラカモクレン!!」と陽気に騒ぎながら、畳の上やテーブルの上で踊りまくった。のび太から「ママってひょうきんだねえ」と言われたので、顔を真っ赤にして、お説教もやめてしまった。(101)

死神:古典落語の演目の一つ。原話はグリム童話の『死神の名付親』で、それを歌劇化した『靴直しクリスピノ』を三遊亭円朝が日本に輸入し翻案したとされる。死神から伝授される呪文も演者、演出によりそれぞれ若干異なる。六代目三遊亭円生ハ「アジャラカモクレン、アルジェリア、テケレッツのパッ!」といった録音が残っている(ウィキペディアによる)

オッペケペッポー:川上音二郎が浮世亭○○と名乗って京都新京極の寄席に出演、時世を風刺して歌い、1891年以降全国的に流行。「権利幸福嫌いな人に自由湯をば飲ませたい。オッペケペ、オッペケペッポー、ペッポッポー」などの歌詞が人気を博した(広辞苑による)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia