Fandom

ドラえもん Wikia

のび太をこらしめるドラえもん

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、61頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第25巻第2話『円ピツで大金持ち』(18頁)


[解説]のび太があまりお金お金というので、ドラえもんはひみつ道具である『円ピツ(アルバイト料先払い円ピツ)』を取り出し、説明不十分のままのび太に貸すことになった。なお、この「円ピツ」で「紙に金額をかきこめば、その紙がそのままお金になる」という代物である。ドラえもんは前歯を六本むき出し、「ニタ~」とニヒルに笑って、「少しこらしめなくちゃ」と呟いた。しかし、結果的には、のび太が友だちなどに大盤振る舞いしたので、その金額を働いて返さなくちゃらならなかったのは、ドラえもんであった。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia