Fandom

ドラえもん Wikia

なりきりプレート(道具)

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

なりきりプレート(道具)
ひみつ道具大事典: (収録、P.365)
単行本: てんとう虫コミックス・カラー作品集第1巻第6話『なりきりプレート』(P.43)
デビュー掲載雑誌: 小学一年生1985年7月号『なりきりプレート』
説明: ひみつ道具である『なりきりプレート』になりたい役を書いて、首からぶら下げると、何にでもなりきることができる。のび太は王子様スーパーマン透明人間と書いて、それになりきってしばらくの間楽しんでいた。ジャイアンがあまりにも乱暴であるので、のび太はそのプレートに女の子と書いて、ジャイアンの首にぶら下げた。

スーパーマン:DCコミック刊行の複数のコミックに登場する架空のヒーロー。本名ハクリプトン星人カル・エル。地球での名前はクラーク・ジョセフ・ケント。原作品は1938年に原作ジェリー・シーゲル、作画ジョー・シャスターにより、アクション・コミック誌第1号で初登場した。スーパーマンはアメリカン・コミックス初のスーパーヒーローであり、現在でもその筆頭であり続ける。高度な文明を誇りながらも崩壊の危機に瀕していた、クリプトン星の執行官ジョー・エルは、自分の息子カル・エルを救うためカプセルに乗せ、未開の惑星「地球」へと送り出した。直後クリプトン(秘密の星の意)は崩壊し、赤ん坊は惑星の遺児となった。成長した彼は、自分の能力を世のために役立てることを誓い、スモールヴィルから大都会メトロポリスへ上京する。大学卒業後、デイリー・プラネット新聞社に入社し、スーパーマンとケントとしての二重生活を送ることになる(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia