Fandom

ドラえもん Wikia

どこでもドア

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

どこでもドア
ひみつ道具大事典: (収録、P.43)
単行本: 藤子不二雄ランド・ドラえもん第2巻第17話『ハイキングに出かけよう』(P.181)
デビュー掲載雑誌: 小学五年生1973年4月号『無題』
説明: ドアの形をした道具。行きたい場所を発言してから開くとドアの向こう側は、その場所になる。タイムマシン*との合わせ技もある。3大基本道具のひとつ。
使用方法: 行きたいところを言い、ドアを開ける。
使用目的: 行きたいところに行くため。
使用結果: ほとんどの場合成功するが、壊れているときはドアノブが使えなくなったり、目的の場所に到着しないときがある。


小学館の『小学五年生』1973年4月号の作品にに登場したとき、『どこでもドア』には名前が付いていなかった。つまり、『ハイキングに出かけよう』という作品はドラえもんのマンガ史上、実質的に『どこでもドア』を最初に登場させた作品である。ドラミちゃんがネズミを出して、失神しているドラえもんの『四次元ポケット』から、このドアを取り出した。すると、のび太は、「それなら前に使ったことある! くぐるとどこへでも行けるドアだ」と答えている。つまり、のび太はすでに『どこでもドア』を以前に、使ったとする注目すべき発言をしている。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia