Fandom

ドラえもん Wikia

しずちゃんのママ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第1巻第5話『コベアベ』(63頁)
  • 小学年四生1972年4月号『無題』


[説明]

  • てんとう虫コミックス・ドラえもんプラス第1巻第2話『コチョコチョ手ぶくろ』(20頁)
  • 小学年二生1974年4月号『』


[説明]スネ夫はしずちゃんの家でおやつをご馳走になった。「しずちゃんのママ」から「スネ夫さんはおぎょうぎがいいのね」と言われると、スネ夫はしゃあしゃあと「みんなそういいます」と答えている。


  • ぴっかぴかコミックス・ドラえもんカラー版第1巻第25話『ゆうびんロボット』(94頁)
  • 幼稚園1970年9月号『』


[説明]もらった梨をひみつ道具の『郵便ロボット』で、しずちゃんの家まで配達してもらった。すると、そのロボットは帰りに、「しずちゃんのママ」からメロンをもらって帰ってきた。


  • 藤子不二雄ランド・ドラえもん第1巻第17話『みがわりペンダント』(83頁)
  • 小学年二生1973年8月号『』


[説明]「しずちゃんのママ」はしずちゃんを「歯医者さん」に連れて行こうとしていた。通りで、ママはしずちゃんにひみつ道具の『身代わりペンダント』で、身代わっていたのび太をつかまえて、歯医者に連れて行こうとした。さらに、途中で、のび太は「ヒゲモジャのおじさん」に身代わったので、しずちゃんのママはそのおじさんにひどく恐縮して、お詫びをしていた。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、88頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第3巻第3話『ママをとりかえっこ』(28頁)


[解説]しずちゃんのママは「子どもの気もちなんか、ちっとも、分かってくれない」と、しずちゃんは泣きべそをかきながら、話している。時には、しつけに対してとても厳しいママである。なお、目の大きいしずちゃんと比較すると、しずちゃんのママの目は小さくて黒目がちである。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia