FANDOM



[解説]ドラえもんはのび太にどうしても未来の世界へ帰る、と言うことができなかった。セワシと相談して、病気になることを決め、そして、ドラえもんはのび太の面前で、「からだをヒクヒクヒクと震わせて、壊れかけているところ」をまじめに演じた。 

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki