Fandom

ドラえもん Wikia

おり姫

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第17巻第8話『あべこべ惑星』(78頁)


[解説]


織姫星と牽牛星の伝説:こと座の一等星ベガが、中国・日本の七夕伝説では織姫星として知られている。織姫は天帝の娘で、機織りの上手な働き者の娘であった。彦星(牽牛星)はわし座のアルタイルで、働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、彦星は牛を追わなくjなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に一度、7月7日だけ会うことを許されていた。しかし7月7日に雨が降ると、天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず彦星も彼女に会うことができない。その時は、二人を憐れんでどこからか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋をかけてくれたという(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia