Fandom

ドラえもん Wikia

おやゆび姫

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]


  • てんとう虫コミックス・カラー作品集第1巻第17話『お話バッジ』(131頁)


[解説] 『おやゆび姫』のひみつ道具である『お話バッジ』を付けて、しずちゃんは行方不明になってしまった。

親ゆび姫:デンマークの童話作家アンデルセンの代表作のひとつである。親ゆび姫は、親指ほどの大きさしかない小さい少女である。ある日、ヒキガエルに誘拐されてしまう。魚たちの助けで何とか脱出するものの、その後、コガネムシに誘拐され、さらに置き去りにされてしまう。秋になり、親ゆび姫は野ネズミのおばさんのもとに居候する。しかし、隣の家の金持ちのモグラと結婚を強要される。しかしモグラの家にいた瀕死のツバメを介抱し、結婚式の日に親ゆび姫はツバメとともに、花の国へ行く。そこで親ゆび姫は花の王子様と結婚する(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia