Fandom

ドラえもん Wikia

おむすびコロリン

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]


おむすびころりん:日本のおとぎ話のひとつである。おじいさんが、いつものように山で木を切っていた。昼になったので、昼食にしようとおじいさんは切り株に腰掛け、おばあさんの握ったおむすびの包みを開いた。すると、おむすびがひとつすべり落ちて、山の斜面を転がり落ちていく。おじいさんが追い掛けると、おむすびが木の根元に開いた穴に落ちてしまった。おじいさんが穴を覗き込むと、何やら声が聞こえてくる。穴の中にはたくさんの白いネズミがいて、おむすびのお礼にと、大きい葛籠と小さい葛籠を差し出し、おじいさんに選ばせた。おじいさんは小さい葛籠を選んで家に持ち帰った。家で持ち帰った葛籠を開けてみると、たくさんの財宝がでてきた。それを聞きつけた隣のおじいさんは、同じようにおむすびを蹴って穴に無理やり入れた。おじいさんは自分から穴に入っていき、土産をよこせと怒鳴りつけた。ネズミが大きい葛籠と小さい葛籠を選ばせたが、欲張りなおじいさんはネコの鳴き真似をしてネズミを脅し、両方の葛籠を持って帰ろうとした。ところが、ネズミがおじいさんに噛み付いたので、おじいさんは降参した(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia